ニキビを治すにはまず○○を味方にしよう。

==============
ニキビを絶対に治す
腸内デトックスレポートは
>>こちらをクリック

==============

 

 

んにちは!ひろやんです。

人間関係での

ストレスってありますよね。

 

ストレスが肌によくない
ことは、あなたも経験としても
知っていると思います。

あなたの肌は、
あなたの思いや心の

状態を表しています。

分かりやすい例として、

ストレスによって
精神的なダメージを受けると、

胃が痛くなったり
肌荒れが起きたり
蕁麻疹(じんましん)がでたり

これこそまさに
心の状態がモロに

肌に表れていますよね。

人によって程度の

差はあれ、ストレスは肌に

悪影響があるということです。
 

 

 

 

そもそなぜ、人間関係で

ストレスを感じてしまうのでしょうか?

 

 

 

 

きっとそれは

周囲に必要以上に気遣いを

しないといけない関係性、

本音を言えない関係性において、

ではないでしょうか?

 

 

 

 

相手に心を開くことができるか、

オープンになれるか、

本音を伝えることができるか。

 

 

 

それができない関係性において、

人は疲れを感じます。

 

 

 

 

いつも周りに気を遣い、我慢をし、

自分が言いたいことも言えず、

嫌なことに嫌と言えない。

 

 

 

 

そうやって我慢に我慢を重ね、

それが耐えられなくなっている

サインとして「肌荒れ」が

出ているのかもしれません。

 

 

私も昔はそうでした。

人と別れた後でも

 

 

 

「あの人なんか態度冷たかったな・・」

「変な奴って思われたかな・・・」

 

 

 

などとずっと

考えて落ち込んでいましたし、

そんな自分がすごく嫌でした。

 

 

では、具体的にどうすれば

人間関係の中でストレスを

感じないようになれるのでしょうか?

 

 

私が思うに大事なことは、

 

 

 

「自分自身を

価値ある存在として扱う」

 

ことだと思います。

 

 

 

 

例えば、自分が今すでに

価値ある存在だとしたら、

どうするでしょうか?

 

 

 

・自分を責めない。

・Noを言いたいときには言う。
・自分の本音を大事にする。
・嫌なことをされたら嫌と言う。
・どう思われるか気にしない
・無理な我慢はしない。

 

 

 

そういった行動を取る

と思います。

 

 

 

 

大事なのは、まず

「自分にすでに価値があるとしたら」

どんな行動を取るのかをイメージすること。

 

 

 

大抵の場合、

「自分には価値がない」

というところから行動を起こしていて、

それが人間関係のストレスの

根本的な原因になっているのです。

 

 

 

 

そういった「自分を大事にする心」を

養うことこそが、人間関係の

疲れを癒す根本的な解決になります。

 

 

 

相手がどうこうという相手の

問題を考えるのではなく、

 

 

 

 

自分を大事にすること、

自分を愛することに、

ぜひ意識を向けてみてください。

 

 

 

 

相手を変えようとするのではなく、

より自分を大事にする、

自分を幸せにする方向で考えてみる。

 

 

 

 

そうすることでこそ、

「人間関係にストレスを感じにくい」

自分になっていくことができます。

 

 

 

それでは今すぐ
「他人は他人、自分は自分」

 

 

と言ってみてください。

思うだけでも結構です。

大事なことは、
自分が自分に価値を感じることです。

 

分からないこと、質問したいこと、

なんでも構いませんので

コメント宜しくお願いします。

気軽にどうぞ!

それではまた!

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。